各工程説明

「リング紡績工程」
①原綿受払 ②混打綿 ③梳綿 ④練条 ⑤粗紡 ⑥精紡 ⑦巻糸 ⑨梱包 ⑩出荷
「空気精紡工程」
①原綿受払 ②混打綿 ③梳綿 ④練条 ⑧空紡機 ⑨梱包 ⑩出荷
  1. ①原綿受払

    1ベール100~300kgの「原綿」を荷受け、在庫管理し、混打綿工程への原綿の準備をします。

    T-8

  2. ②混打綿

    原綿の規定の比率・重量分を混打綿機へ投入し、混綿、解綿(ときほぐす)、除塵後、「開繊しやすい原綿」を、自動的に梳綿工程へ送ります。

    iphone11 ケース プラダ

    T-10

  3. ③梳綿

    混打綿工程にて混綿した原綿を開繊、除塵し、むらの無い均整のとれた「カードスライバー」を生産します。

    T-11

    T-12

  4. ④練条

    カードスライバーを一定本数合わせながら伸ばし、繊維を平行にさせ・更にむらを減らし、「練条スライバー」を生産します。
    この工程での精度によって、均等な太さの糸が生産できるか左右されます。

    T-13

    iphone xs 手帳 型 ケース アディダス

  5. ⑤粗紡

    練条スライバーを伸ばしながら細くし、撚りをかけ、「ロービング」を作ります。 この工程で、初めて撚りをかけていきます。

    T-15

  6. ⑥精紡

    ロービングを伸ばしながら撚りをかけ、「糸」の状態とします。

    アイフォン 6 ヴィトン ケース

  7. ⑦巻糸、ワインダー

    精紡で完成した糸を、欠点を除去しながら、指定重量・大きさに合わせ、チーズ・コーンに巻き取り、「最終商品(リング糸)」となります。

    コーチ スマホケース iphone7

  8. ⑧空紡機

    練条工程後のスライバーを、一機に糸の状態にし、糸の欠点部分を除去しながら、一定の重量に巻き取り、「最終商品(空紡糸)」となります。

    アイフォン 11pro ナイキ

    • 蒸気セット

      番手、素材、撚り数によっては、糸が安定せず、織り、編みの工程に進められない場合があるため、高温、蒸気セットの工程を追加します。

      シャネル 携帯 ケース iphone11

    • リワインド

      一定量のチーズの巻き量から、サンプルなどで巻き量の少ないチーズなどを作る場合、リワインド機にかけます。

      iphone6 ケース chanel

  9. ⑨⑩梱包、出荷

    各々の梱包仕様に合わせ、外観・1本重量を確認し、梱包、出荷します。

    T-21